OVO-D

記事一覧(52)

2018.01.26 桐生信用金庫 法人支援部 推進役 永沢崇さん

【ラジオ】『JobLabRadio』第43回本放送 1月26日(金)15:00-15:59再放送 1月28日(日) 8:00-8:59提供:高崎佐藤眼科・NPO法人キッズバレイ働きたい全ての人を対象とした、起業・創業・ビジネス支援のプラットフォーム「ジョブラボぐんま」がお送りするラジオ番組です。この番組では現在、経営者や起業家の強みその企業さんの強みをここに集めて発信しておりますが、今回は、起業支援をされている方のお話し。ジョブラボぐんまメンバー!(メンバーというのもなんだかちょっと違和感。今後要検討w)スタジオゲストで、桐生信用金庫より法人支援部 推進役 永沢崇さんにお越しいただきました。桐生市は、桐生市・桐生商工会議所・桐生信用金庫で、3者包括連携を結んでおり、面でビジネス支援の取り組みをされています。きりしんさんとは、ジョブラボぐんまも立ち上がりからコラボさせていただいております。永沢さんの経歴から、法人支援部の役割、昨年12月からスタートしたばかり!ホットな話題!きりしんさんとクラウドファンディングとの連携など伺いました!〜編集後記〜クラウドファンドを資金調達の仕組みというより、広報・PRの1つの手段として捉えているという整理の仕方は、理にかなっていると思いました。共感を呼び起こすことが出来れば、情報に羽がはえて、どんどん拡散されていきます。情報は伝えるより伝わる仕組みを作った方が良いですからね。その点、クラウドファンディングの仕組みは共感の拡散なので、広報に使うという考え方に賛同しています。結果的にお金が集まる、のであり、お金を集める仕組みとしてクラウドファンディングあると考えると、うまく使いこなせないんじゃないかと感じています。ジョブラボメンバーには、実際にクラウドファンディングを活用した経験もあるので、このあたりの相談にも乗れると思います。

2018.01.15-22 慶應義塾大学 総合政策学部 学部長補佐 兼 政策・メディア研究科委員 博士(経営学)飯盛 義徳 教授

【ラジオ】『JobLabRadio』第41回本放送 1月12日(金)15:00-15:59再放送 1月14日(日) 8:00-8:59提供:高崎佐藤眼科・NPO法人キッズバレイ満を持してご登場シリーズ。今回は、慶應義塾大学 総合政策学部 学部長補佐 兼 政策・メディア研究科委員博士(経営学)飯盛 義徳 教授 へのインタビュー前半をお送りいたします!昨年6月にメンバーで慶應SFCキャンパスへ伺って収録しました。イノベーターをジャンジャン排出している慶應SFCの教授であり、日本を代表する行政学者であり、上場企業まで産まれている、イケイケな創業塾の先駆け『鳳雛塾』ファウンダーの飯盛先生。http://www.housuu.jp/main/地域における実践的なビジネススクールとは?特に『鳳雛塾』の特徴である「ケースメソッド」について伺いました。ジョブラボぐんまも、ケースメソッドやりたいのです!(鳳雛塾って名前も超かっこいい)来週も引き続き飯盛先生のインタビューをお送りします。ちなみに、飯盛研究室は明日1月13日(土)ISAGAI Lab. Research Forum開催されます!http://isagai.sfc.keio.ac.jp/改めまして皆さま、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。皆さんも一緒に「ジョブラボぐんま」というプラットフォーム作っていきませんかー!宮坂でした。【ラジオ】『JobLabRadio』第42回本放送 1月19日(金)15:00-15:59再放送 1月21日(日) 8:00-8:59提供:高崎佐藤眼科・NPO法人キッズバレイ満を持してご登場シリーズ。今回も先週に引き続き、慶應義塾大学 総合政策学部 学部長補佐 兼 政策・メディア研究科委員博士(経営学)飯盛 義徳 教授 へのインタビュー後半をお送りいたします!上場企業も産まれているケイケな創業塾の先駆け佐賀県にある『鳳雛塾』ファウンダーの飯盛先生。http://www.housuu.jp/main/鳳雛塾から生まれたもの。社会的創発の構造。鳳雛塾や慶應大学で行われている特徴的な授業方法『ケースメソッド』についても深堀っています。*ケースメソッドとは・・・学生や受講者が、実際の企業や組織が直面した経営課題を記述した教材を事前に読み込んだ上、各人の分析結果あるいは意思決定の内容やその理由を教員のリードの下で発表し議論する授業形式。http://www.kbs.keio.ac.jp/about/casemethod.html より〜編集後記〜飯盛先生とは数年に1度お会いするペースでした。以前より、鳳雛塾の活動は存じ上げていて、そこから活躍する方が生まれていることもうかがっていました。ジョブラボぐんまでもケースメソッドを取り入れた学び合いの場を作っていきたいなと思っております。学び合いをすることで、経営に関して相談できる仲間が生まれたら良いなと思っています。経営者は孤独などと言われますが、決断をする、というのは、自問自答の繰り返しになりやすいので、そうなるとどんどん孤独になっていきそうです。ですが、同じ釜の飯ではないですが、一緒に学んだ方たちと、相談したり、支え合ったりなんてことが出来ると、心強いのではないかと思うのです。そういう学び合いの雰囲気や空気作りを目指していきたいと思います。

2017.12.15 桐生市地域おこし協力隊 北條早さん

【ラジオ】『JobLabRadio』第37回本放送 12月15日(金)15:00-15:59再放送 12月17日(日) 8:00-8:59提供:高崎佐藤眼科・NPO法人キッズバレイ夜明け前起業家シリーズ。今回は、桐生市地域おこし協力隊 @北條早 さんです。http://www.city.kiryu.lg.jp/kura…/1007577/1008680/index.html前々回も甘楽の萩原さんにご登場いただきましたが、群馬県では、地域おこし協力隊として68人が活躍しています。東京都出身で今年の8月から着任した北條さん。「デザイナー」という職能を持って「黒保根」でお仕事。わたらせ渓谷鐵道 水沼駅温泉センターを拠点に活動中。北條さんのミッションは「黒保根地域の物産の魅力発信」着任されてまだ3ヶ月ですが、周囲の期待は大きいようです!どうして黒保根にきたのか。黒保根にきてから。ご自身のやりたいこと・・・について伺っています。「はたらきかた」は「暮らしかた」と連動していますね。ジョブラボぐんまとしてもなにか一緒にできそうな予感!水沼駅温泉センターでアイデアソン合宿とかいいなあ!笑〜編集後記〜地域おこし協力隊という仕組み、実に面白いなと思ってます。こうやって外部から人を呼び込み、その上で地域を外からの視点でサポートする、というのは、一昔前の、よそ者、若者、バカ者のよそ者を受け入れやすくなりますからね。さらに、興味深いのは、プロボノに近い活躍が期待できるという点です。何かしらの職能を持ち、その能力を活かしてもらえる。協力隊としても職能はあっても競争力の高い場所では、職能を活かすことも難しいケースがあるので、そういう意味では、自分の動き次第でいろいろな活躍ができるように思います。出来ることなら、週5日のうち1日でいいので、フリーの時間があるといいですね。その時間でいろいろな人と会ってお話をしていければ、その場所で出来ることにもどんどんつながりや広がりが生まれるように思います。これから北條さんが手がける商品が生まれて来ることを多いに期待しつつ、私達にお手伝いできることがあればと考えてます。

2017.12.01 NPO法人ソンリッサ 理事長 萩原涼平さん

【ラジオ】『JobLabRadio』第35回本放送 12月1日(金)15:00-15:59再放送 12月3日(日) 8:00-8:59提供:高崎佐藤眼科・NPO法人キッズバレイスタジオゲストでメンバーインタビュー。今回は、NPO法人ソンリッサ 理事長群馬県甘楽町地域おこし協力隊 @ 萩原涼平 さんGIS4期生で12月2日(土)明日に控えた群馬イノベーションアワード2017ファイナリスト!http://www.gi-award.com/萩原さんの提供するサービスは、ビデオ通話型シニア相互見守りサービス「EMOTOMO」EMOTOMOとは、一人暮らしの親御さんが価値観や趣味の合うシニアの友達とワンクリックでつながることで本人の楽しみと家族の安心を同時にかなえるサービスです。23歳の萩原さんがなぜこのサービスを生み出したのか。そしてこれからの目標などについて伺いました。群馬!すごい若者出てきてますよ!-----編集後記-----萩原さんとあったのはまちなか活性化コンペの打ち上げでした。たまたま斜め前の席に座り、いろいろとお話をしていたら、スタジオ来て、番組出て頂くことになりました。その後、いくつものコンテストで入賞を重ねて、この翌日の群馬イノベーションアワード2017でも、見事入賞されていました。サービスのブラッシュアップはこれからさらに行われる予定ですが、群馬にこういう若い世代の方がいると実に頼もしいなと感じました。

2017.11.17 A.P.M. 代表 天野紀也さん

【ラジオ】『JobLabRadio』第33回本放送 11月17日(金)15:00-15:59再放送 11月19日(日) 8:00-8:59提供:高崎佐藤眼科・NPO法人キッズバレイスタジオ生ゲストでメンバーインタビュー。今回は、A.P.M. 代表 @天野紀也 さん。前橋市で、包装資材の企画提案、デザイン、制作をされています。GIS3期生。お客様の商品が引き立つようオーダーメイドでの企画提案をされています。群馬産プロダクトを使った包装資材も企画中!ご自身がお客様のファンになって、とても親身に対応されています。それは製品作りに留まらず、お客様同士を繋げ、ビジネスの輪を広げるお手伝いも積極的にされていますよー!リクエストも数曲して頂きアラフォーには堪らない懐かしのメロコアやJ-POPなど…非常にざっくばらんに(´ω`)一緒に生放送をお送りした雰囲気でした!-----編集後記-----天野さんは、私自身が宮坂あつこ以外に初めてあったGISのメンバーでした。製品の梱包資材ですから、製品あってのお仕事となります。そうなると受動的になりそうなところですが、天野さんの面白いところは、メーカーのお手伝いをしているように仕事をしているところです。商品のファンになることはもちろん、お客様同士を繋ぐことで新しい商品を生み出したりなんてこともあります。ラジオ局の仕事にも似ていますね。つなぐことの先に新しい価値を生み出すお仕事です。

【パネルディスカッション】働き方改革セミナー@きりしん未来創成会

2017.11.13 きりしん未来創成会でパネルディスカッションを行いました。どんなお話をしたかを振り返るのはあまり興味がないので(苦笑、パネルディスカッションを通して、私自身が気づいたことを記しておきたいと思います。ジョブラボぐんまの支援活動を通して様々な経営者の方にお会いする機会を得ています。そのような活動を通して感じるのは、ビジネス支援の必要性です。それと同時に、その活動が不要ではないかとも感じています。まず、「不要」と思う理由です。答えはシンプルで、支援により淘汰される経営者が淘汰から逃れているのではないか?ということです。本来は、経営者自身のチカラで乗り切る方が良い。そうやってこれまでの時代、多くの企業が生き延びて、多くの企業が淘汰されてきました。その文脈を外部のチカラによって歪めているのではないかと感じるからです。生き残るところは生き残り、淘汰されるところは淘汰される、それが資本主義、自由経済(本来の意味でそうかは別として)である日本の企業の姿ではないかと思ったりしてます。次に、「必要」と思う理由です。こちらも答えはシンプルで、多様性が重んじられる市場の中で生き残りをかけた企業が困っているからです。困っているから助けたい、という理由です。この2つをどうすり合わせたかは別の機会にお話しますが、この相反する2つの主張を常に戦わせていると思考方法にちょっとした違いが出てくるようになります。それが客観性です。具体的なものを引いてみることでもの凄く客観的になったり、それらを抽象的に捉えることが出来たりします。その「抽象的視点」で、「いろいろな企業の経営者のお話を聞く」と企業が抱える課題も業種が違えど同じに思えて仕方ないのです。その1つが、雇用や採用に関する様々な問題、課題です。各業種毎に課題を求めるのは課題解決型の非効率な探求方法ですが、抽象的に捉えると課題には共通している部分が多く、それらを様々な角度から自在に見通せるようになります。その結果、雇用・採用に関する様々な問題に対してもすごくシンプルな答えを導くことが出来ます。自社の雇用・採用に関する問題は、「自分の子どもにオススメしたい会社かどうか?」を突き詰めていくこと、そう思える会社に変えていくこと、それを目指して改革していけば解決できます。そのアクションの過程で、雇用・採用に関する様々な課題は、成果ではなく、効果として解決されていきます。自分の子どもを入れたいと思える会社を目指しているか、そのために行動を起こしているか、そのために必要なことは、本を読んで学び、人に聞いて補い、自分で考えて答えを探し、それを実行してみることに他なりません。ジョブラボぐんまではそのお手伝いもしていきます。