OVO-D

記事一覧(68)

2018.05.18 桐生ローターアクトクラブ 毒島紗耶さん

【ラジオ】『JobLabRadio』第59回本放送 5月18日(金)15:00-15:59再放送 5月20日(日) 8:00-8:59提供:NPO法人キッズバレイ/(有)グルメフレッシュ・フーズ/(株)パイオニアファーム/(株)パブセン◆ ビジネス創発の土壌作り。働きたい全ての人を対象とした、起業・創業・ビジネス支援のプラットフォーム「ジョブラボぐんま」がお送りするラジオ番組です。今回は、ミツバふれあいスタジオから生放送。 ゲストは、毒島紗耶さん(桐生市)高崎 佐藤眼科 佐藤先生からのご紹介。紗耶さんの活動、個展、これからについてお話たくさん頂きました。桐生ローターアクトクラブに所属。5月の足尾での植樹活動(今年は5/20)11月のクラシックカーフェスティバルが大きなイベントでボランティア活動に従事。18歳から参画されて現在6年目。また、現在、<しろ>という画号で絵画も描かれており2回目の個展を6月1日から桐生市内の、パンセギャラリーで開催します。紗耶さんは、先天性の疾患で一般的に言われる範囲に比べれば少し限定した視力や視界を持っています。佐藤先生とは物心ついた時からのお付き合い。ただ、本人にしたら生まれながらにそうなので、それが当たり前の視力視界。暗いところ、初めていく所などは苦手ですが、そのほか生活面に困難はないそうです。最近では、技術進化により、タブレットやスマートフォンで補えます。ただ、就職活動はスムーズではなく。ご自身がしたいことで強みになることを、さまざまな活動の中で模索されています。世知辛い世の中でサバイバルしていく時、何が武器になるのか、強みになるのか、自分にも問うた紗耶さんとのトークでした!◆会員大募集中! 桐生ローターアクトクラブ◆6/1-6/4 しろ個展「Sky Story」 パンセギャラリー------編集後記------小保方お休みのため、編集後記もお休みです。

2018.05.11 三光ファーム 代表 廣瀬光昭さん

【ラジオ】『JobLabRadio』第58回本放送 5月11日(金)15:00-15:59再放送 5月13日(日) 8:00-8:59提供:NPO法人キッズバレイ/(有)グルメフレッシュ・フーズ/(株)パイオニアファーム/(株)パブセン◆ ビジネス創発の土壌作り。働きたい全ての人を対象とした、起業・創業・ビジネス支援のプラットフォーム「ジョブラボぐんま」がお送りするラジオ番組です。今回は、三光ファーム (高崎市)代表 廣瀬光昭さんにインタビューしました。星野智昭さんご推薦!http://www.sanko-farm.jp/?mode=pc宮坂が昨年末にプレゼンしたビジネスモデル農業生産ユニット ベジフルームに似たことを既に高崎で始めてるナイスガイが居るよー!ということで、星野さんと取材させて頂きました。廣瀬さんは元々、不動産業。地主さんの悩みである管理出来なくなった耕作放棄地を借り上げ、その土地を活かし農業をスタートしました。新規参入した農業の業界を目の当たりにしてやるべきことや、こうしたらいいのに!ということが沢山ある。既存の農業を変えたいと廣瀬さん。ビニルハウスから資機材、販売先までをパッケージ化、しっかりとビジネスモデルとして成り立たせ、その仕組みを高崎から広めたいといいます。宮坂のプランもまさに資機材から販売先までをユニット化。そのユニットを販売していこうというものでした。更にICTテクノロジーの力を大いに活用して、ハードルがなくなり農業へ参入しやすくなれば業界の活性化も期待できます。誰もが参入でき、選択肢の1つとして、自然に農業がある世の中にしたいですね。三光ファームさんの今後、個人的にも非常に楽しみです!-----編集後記-----宮坂代表が12/1にプレゼンした内容をすでに実現に向けて動いているという方が高崎にいたのは、実に喜ばしいことです。自分一人でやるのではなく、オープンに繋がりながらビジネスに取り組んで行くというスタンスのジョブラボでは、お手伝いできること、貢献できることを探していくという役割を担えばいいのです。競争より協力によって、関わる人がハッピーになる社会。地域経済の活性化においては、実に有効な手段の1つではないかと考えています。

2018.05.04 シリコンバレー視察帰りの コピーライター 星野智昭 さん

【ラジオ】『JobLabRadio』第57回本放送 5月4日(金)15:00-15:59再放送 5月6日(日) 8:00-8:59提供:NPO法人キッズバレイ/(有)グルメフレッシュ・フーズ/(株)パイオニアファーム/(株)パブセン◆ ビジネス創発の土壌作り。働きたい全ての人を対象とした、起業・創業・ビジネス支援のプラットフォーム「ジョブラボぐんま」がお送りするラジオ番組です。今回は、シリコンバレー視察帰りのコピーライター @星野智昭 さん。シリコンバレーのお土産話しの巻でした。(SIGHT GLASSのコーヒー豆とGIRARDELLIのチョコレート頂きました!)GIA2017 ビジネスプラン部門 一般の部で見事入賞した星野さん。副賞としてシリコンバレー視察旅行が先日あり、そちらに参加されてきました。イノベーション最先端の地でApple社や、UBERなどを視察。現地で起業した日本人スタートアップの方にもお話が伺えたそうです。元エバーノート日本法人会長 外村仁さん曰く課題解決力よりも、課題を見つける力がこれからの時代は問われる視点なのでは?と。個人的にはサウナもインパクトがあったとか。笑海外では色々なことに気づかせてくれます。気づいたら、それを、やるか、やらないか。やるとなったらとにかくやる。それがイノベーションのタネなのかもしれませんね。星野さんの近況としては、せんべいに続き上毛かるたてぬぐいを企画商品化され高崎駅前の群馬県物産展で販売開始しました。この連休の手土産にぜひチェックしたいですね。-----編集後記-----貰ったお菓子が美味しくて美味しくて(笑。僕もいつか行ってきます!

2018.04.27 関東ICT推進NPO連絡協議会について

【ラジオ】『JobLabRadio』第56回本放送 4月27日(金)15:00-15:59再放送 4月29日(日) 8:00-8:59提供:NPO法人キッズバレイ/(有)グルメフレッシュ・フーズ/(株)パイオニアファーム/(株)パブセン◆ ビジネス創発の土壌作り。働きたい全ての人を対象とした、起業・創業・ビジネス支援のプラットフォーム「ジョブラボぐんま」がお送りするラジオ番組です。今回は、「関東ICT推進NPO連絡協議会」についてミツバふれあいスタジオから生放送トークでした。関東ICT推進NPO連絡協議会は、地域でICTを積極的に利活用しているNPOや非営利団体の相互連携を推進している総務省 関東総合通信局が事務局の協議会です。ジョブラボぐんまはこちらの会員、群馬県の幹事でして、4月26日に行われた年に一度の総会に出席。3分間の活動報告も行ってきました。国の機関と地域の団体が直接つながる貴重な会です。こういった活動を地域で実施されている皆さん、団体相互の連携はもちろん、ICT最先端の施設見学会やイベント実施の際には応援もしていただけますよ。是非ご参加ください♪詳しくはジョブラボぐんまへ。-----編集後記-----今年は、こちらの会にも貢献していきたいなと思っているわけでして、まずは作業部会のメンバーとして会に関わっていきます。見学会や勉強会も楽しみにしてます!

2018.04.20 桐生市地域おこし協力隊 北條早さん

【ラジオ】『JobLabRadio』第55回本放送 4月20日(金)15:00-15:59再放送 4月22日(日) 8:00-8:59提供:NPO法人キッズバレイ/(有)グルメフレッシュ・フーズ/(株)パイオニアファーム/(株)パブセン◆ ビジネス創発の土壌作り。働きたい全ての人を対象とした、起業・創業・ビジネス支援のプラットフォーム「ジョブラボぐんま」がお送りするラジオ番組です。今回は、ゲストに、桐生市地域おこし協力隊 北條早さんと、桐生市 観光交流課 深澤明男さんにお越しいただきました。パッケージをリニューアルしたばかりの「黒保根やまびこアイス」についてお話し伺いました。リデザインを担当したデザイナーの北條さんと、10年前、アイスの立ち上げ担当者だった深澤さんから黒保根やまびこアイス開発への情熱を伺いました。中身はそのままに、時を経ても愛される地場産品にデザインの力で生まれ変わったアイス。地域の魅力を掘り起こしてどう発信するか?ジョブラボぐんまもお手伝いできること沢山あると思いました。アイスの味は、さくら・山椒・黒大豆・ふきのとう・ルバーブと5種類。山椒美味しかったー!ごちそうさまでした!是非、黒保根でお買い求めください。http://www15.wind.ne.jp/~kurohone-y/------編集後記------この日の放送は欠席。アイス食べたかった!!

2018.04.13 イヅハラ産業株式会社 代表取締役 赤石重男さん

【ラジオ】『JobLabRadio』第54回本放送 4月13日(金)15:00-15:59再放送 4月15日(日) 8:00-8:59提供:NPO法人キッズバレイ/(有)グルメフレッシュ・フーズ/(株)パイオニアファーム/(株)パブセン◆ ビジネス創発の土壌作り。働きたい全ての人を対象とした、起業・創業・ビジネス支援のプラットフォーム「ジョブラボぐんま」がお送りするラジオ番組です。今回は、イヅハラ産業株式会社(桐生市)代表取締役 赤石重男さんのインタビュー。<超高機能マスク/ふわっふわっ美マスク>で話題!https://www.izuhara.net/美マスクshop/桐生市の基幹産業といえば、織物。織物産地として、糸から最終製品にするまで国内で一貫して出来るのは珍しく、他の産地から仕上げ依頼が来ることもあるそう。織物は衰退産業とかいわれていますが、優れた技術を持つ産地だからこそ出来ることが絶対にあるはずです。思いついたら製品まで、アイデアを形に、すぐにできるのがこの仕事の一番の醍醐味!若い人に是非、業界に入ってこの仕事の楽しさを感じてほしいと、赤石社長は語ります。技術があるから出来る。これはスゴイ強みですよね。桐生の織物の凄さを知りました。-----編集後記-----繊維産業の活性化を目指した活動、nunotechにて、取材をさせて頂いたことがあるイズハラ産業さん。新しい商品をすぐに作れるから面白い、というお話が印象的でした。それは以前にも伺っていたことなのですが、織物はシンプルだけに奥の深い産業。赤石社長の技術があって成せるのだと思います。聞かれたらなんでも応えます、というオープンの思想も多いに共感しました!

2018.03.23 株式会社小淵警備保障 常務 小淵豊太郎さん

【ラジオ】『JobLabRadio』第51回本放送 3月23日(金)15:00-15:59再放送 3月25日(日) 8:00-8:59提供:高崎佐藤眼科・NPO法人キッズバレイ◆働きたい全ての人を対象とした、起業・創業・ビジネス支援のプラットフォーム「ジョブラボぐんま」がお送りするラジオ番組です。今回は、株式会社小淵警備保障 常務 小淵豊太郎さんにインタビューした模様をお届けします!警備会社のみならず、伊勢崎市を拠点に、およそ40年前に電気工事事業からスタートし、警備事業、介護事業と、3つのビジネスを展開され、それぞれの業界や社内改革を進めている小淵さん。4年前に異業種から家業に入られたとき、社内を見ると自身が幼い時に抱っこされたおじさんたちに元気がない!と感じたそう。強みを整理し、ミッションを制定。警備業界初のトイレカーの導入や、積極的な情報発信を行っています。ビジネスのみならず、これからの夢などについてもお伺いしました!-----編集後記-----お話を伺っていると、事業が必然的ではありますが、自然に増えて行った印象で、それらが連関しながら事業展開しているように感じました。今有る事業を整理して、関係つけていくことで、経営はシンプルになり、必要な投資も明確になるようです。そんな印象を受ける取材でした。

2018.03.16 2017GIA ビジネスプラン部門一般の部 入賞 星野智昭さん

2018.03.09 森産業株式会社 研究開発部長 兼 製造部長 取締役 清水 豊さん